ちょっとまったのその前に

JNEWS-FAN葉っぱ > ビジネス > ちょっとまったのその前に

ちょっとまったのその前に

いよいよエントリーする時という段階では、何よりも事前対策をサボってはいけません。

トレードを行う前ならば、出来事を合理的に観察する事のできる余裕がある。

 

だがしかし、一度取引の内部に立ち入ってしまうとどうしても捉え方が自己中心的になってしまい、状況によってはちゃんとした見方がわからなくなる不安があります。

 

だからこそ己の考えが落ち着いている状況で、適切に事前準備が大切なのだ。

 

"事前準備"するためには、まずは自分なりの物語を書くことから行います。

 

投資環境はこうだからランドを勝負するみたいな自分で考えた物語を描いていきます。

 

次は相場をチェックしましょう。

 

これまでの相場の上げ下げを見て現時点の位置をチェックします。

 

そうすると、「現在はだいぶ安すぎる場面だ」など、または「もうすでに大多数の投資家の方々が取引しているからこの先大急ぎでエントリーしても今はもう間に合わないな」ということが見えてきます。

 

当然、買い(または売り)するのが間に合わないなと考えたならば、売買しないで、そこのところは割り切ることが大事です。

 

どう試みてもあなたの台本を引き下げないで、諦めずに売買すると、外国為替相場にやられて、むしろマイナスになる危険があります。

 

そうは言っても多くのケースで、準備万端の自分なりの脚本を書いていくと、エントリーが遅すぎるというケースにはならないと考えます。

 

おそらく、現実に市場が変化する前の状況のはずだからです。

 

続いては、当面はあなた自身がとろうとする外貨の推移を、きちんと点検する事が不可欠です。

 

もしも、ドル高になるだろうという脚本を書いたのであれば該当する外貨の上げ下げに気をつけておきます。

 

外国為替市場の推移をチェックし始めた場面ではまだまだその外貨ははっきりと変化する雰囲気を見せないで、上がったり下がったり小さな上げ下げを繰り返しているだけだろう。

 

しかし、その変動をじっと確認していると、あるところで円安の方向へと市場が動き始めます。

 

この状況でようやく、ドル円の新規注文を出すのだ。

 

通常、十分に準偏さえしておけば、その注文で稼げる確率はかなり大きくなります。

 



関連記事

  1. ちょっとまったのその前に
  2. テスト
  3. テスト